睡眠学

よく眠り、よく目覚め、よく生きる

光目覚まし時計inti(インティ)の長期徹底体験レポート

time 2015/10/19

光目覚まし時計inti(インティ)の長期徹底体験レポート

体内時計のリズムを呼び覚ます光目覚まし時計

intisquare_officialインティスクエア販売サイト

1ヵ月以上に渡る長期体験により光目覚まし時計インティの全てが解るというほど圧倒的な熱量で詳しく紹介していきます!
スマホと連動した使い方に関しては動画でも紹介しています。
ちょっと長いですが、このページを見るだけで早起きには欠かすことができない睡眠と光の関係についても解説しています。


2016年4月3日追記:
インティは2016年にインティスクエアにフルモデルチェンジしました。
旧型の丸いインティは現時点では入荷の目処が立っていないとのことです。
インティスクエアに関する詳しいレビューは下記をご参照ください。
inti SQUARE(インティスクエア) 新型 光目覚まし時計 実体験レビュー

 

2016年4月26日追記:
光と睡眠の関係に関しては以下のページをご参照ください
光目覚まし時計の特徴と効果、その選び方

 


【インティスクエア 公式サイト】

 


光目覚まし時計 inti(インティ)のレビュー

エナジーライト「インティ」はムーンムーン株式会社が製造する、光で起こす目覚まし時計です。

同社は光目覚まし時計ではインティの発売以前からも「OKIRO(オキロー)」を製造し、様々なメディアで紹介されています。

そんなインティをお借りすることができましたので使用感や実際に起きられるのかを徹底的に調べました。

inti_1

インティ開封

inti_4
付属品は以下のとおり
inti本体
ACアダプター
キャリングバッグ
説明書
睡眠読本
化粧箱


利用の案内
という文書には導入方法や継続使用による効果について記載があります。
最初は現在使っている目覚ましと併用し、起きてから5分から30分、目から光を浴びることを習慣化するようにとあります。
製品の保証期間は1年間が有効です。
箱はプレミアム感のある立派なものでした。

inti_2

 

インティの外観

「インティ」はケチュア語で「太陽」という意味です。
インティはライト部分を起き上がらせると日の出をイメージしたデザインをしています。

inti_design

ライト発光部を起こした状態

大きさは小さく、手のひらにのります。
重さもそれほど重くは無く、体感でスマートフォン2個分くらいの印象です。
タッチパネル面はツルツルとした表面です。
LEDライトの裏側は金属でできています。
直径はiPhone5と同じくらいです。
接地面が丸くなっていますのでかわいらしい・持ち運びしやすい印象があります。

inti_22

操作はタッチパネルのため、操作パネル部分にはボタンのような突起はありません。
タッチパネルは青白い光で点灯し、白いボディとあいまって爽やかさがあります。

本体裏側にACアダプター用の端子、ブルートゥース接続ボタンが用意されています。

裏面は滑り止めのゴム足になっており、カメラ三脚や雲台と同じ径(1/4インチねじ)のネジ穴があります。
1/4インチネジはホームセンターでは売っていない店舗もありますが、現在ではアマゾンでも多数あり入手可能です。

布製のキャリングケースにはインティ本体がピッタリ収納できます。
ACアダプターは入りませんので、充電した状態で持ち運ぶのだと思います。

インティの設定方法

inti_26
時計の時間設定は簡単で説明書を読まなくても設定ができました。

時計ボタン長押し、プラス・マイナスボタンでセット、時間と分の切り替えも時計ボタンと操作は非常に解りやすいです。
この点は前項のタッチパネルの操作感も関わってきますが、解りやすいけど操作しにくいという点があります。タッチパネルの操作感に関しては後述しています。

また、スマートフォン(iPhone、Android)からアプリで設定することも可能です。
アプリの使用方法にて紹介しています。 

インティの設置場所

設置は近くに。
光はその性質から離れると拡散され、明るさが弱くなります。

枕元に近く、安定した場所を用意して設置しましょう。
インティには三脚穴がありますのでゴリラポッドのようなどんな場所でも足を折り曲げて使うことができる三脚を使うこともできます。

また、設置場所が無い場合は壁掛け専用のホルダーも販売されていますので利用するのも一つの方法です。
inti_wall_parts
インティはバッテリー式ですのでベッドで起床時に使いたい、日中にテーブルの上で光を浴びたいという時にはホルダーの方が取り外しが簡単かもしれませんね。

僕の場合はサイドテーブルが無いため、ベッドの横に踏み台を起き自分のすぐ近くで光が浴びられるようにしました。

 

体内時計のリズムを呼び覚ます光目覚まし時計

intisquare_officialインティスクエア販売サイト

サンライズ

inti_sunrise

日の出を再現した少しずつ明るくなる機能です。
暖色のLEDから点灯し、起床時刻にむかうにつれ光量が最大になります。
最短で5分、最長で30分かけて明るくなります。

inti_49

リラックスモード

inti_candle

リラックスモードはろうそくの火をイメージしたものです。 

inti_46
我が家では猫を飼っているため、アロマキャンドルのようなろうそくはほとんど使ったことがありません。アパートも木造ですし。
このリラックスモードのうれしいところは安全にろうそくのようなあたたかく穏やかな光を出せることです。 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも安全に使えますね。

inti_38

LEDライトは発熱しますが、手で触ってもやけどはしません

リラックスモードは直接自分に光を当てるよりは間接照明のように壁に向けたり、部屋のはじっこで照らすと雰囲気が楽しめるので好きです。
僕の場合は夜パソコンで作業をするとき、部屋を真っ暗にしてパソコンの裏側に置くのもいいなと思いました。

リラックスモードは常に一定のリズムでライティングが繰り返されます。
個人的には明るさの最大値を設定できたり、強弱不揃いだったり、不等間隔で点灯するように調整ができたらいいなと思いました。

サンダーモード

inti_snooze

起床時に雷のようにピカッ!ピカッ!と点灯と消灯を繰り返す機能です。
サンダーモード中は雷の音と雨の音が流れます。
起床設定でオン・オフの切り替えができます。

この機能は穏やかに起こすのとは異なり、消さなくちゃといった気分にさせるものですね。
アラームを消すまでスヌーズ機能で再度起こしてくれます。
寝起きが悪い人には良い機能です。

インティのアプリ

インティは専用のスマホアプリ「インティ」(無料)を使用することでBluetooth(ブルートゥース)を使用し、無線でインティの操作が可能です。
僕はiPhone5とiPhone6sにインストールして動作させました。

inti_app

App Store インティ 目覚ましアプリ

Google Play インティ目覚ましアプリ

スマホアプリ対応は他の光目覚まし時計とは一線を画す点です。
アプリもまたシンプルで操作していると操作方法が理解できます。

inti_25

スマホアプリでは以下の操作が可能です

Bluetoothでペアリングするとスマホの現在時刻に同期される
起床(起床時刻設定/サンライズにかける時間/再生音楽/サンダーモード)
リラックスモード(消灯タイマー、再生サウンド)
アプリ画面からライト点灯
ライトの点灯および色調の変化

本体の時間がずれていてもBluetoothでアプリとつながるだけでスマホの時間に設定されました。

インティ本体の操作もアプリもそうですが、説明書をあまり読まなくても直感的な使い方ができるように設計されていると感じました。

体内時計のリズムを呼び覚ます光目覚まし時計

intisquare_officialインティスクエア販売サイト

 

インティ(アプリ)の音楽

inti_43

インティのアプリでアラーム音として流れる音楽は爽やかに起きられるものからリラックスできるものまで4種類。
リラックスモードでも流すことができます。
現時点では少ないですが音楽を流すのはアプリの機能ですので、今後もアップデート次第で増えるかもしれませんね。

楽曲はインティの製造元による「音で起こすのは不快感につながる」という考え方から、静かな曲が多い印象です。
とはいえ、使用曲をスマホに入っている曲(iPhoneならばiTunes)から選択も可能ですから、自分の好きな音楽で起きるのももちろんOKです。
大きな音じゃないと起きられない人でもスマホに音楽さえ入れれば騒がしいアラーム音にすることも可能です。
4曲それぞれを聞いてみた感想と合わせて音楽が流れている様子をVineで動画にしましたので、ぜひ見てみてください。
Vineの仕様上録画できるのが6秒までですのでちょっとだけですが。

【月曜日だけど頑張れそうな優しい目覚め】

andes

ギターのような弦楽器がメインの音楽。
4曲の中でもリラックスというよりは起床に目的を置いたものです。
無理やり起こす騒がしい感じは一切なく、元気がわくような、勇気がわくような音楽。
inti(インティ)の名前から彷彿とさせる南米の乾季のようなカラッとした雰囲気のなか、真っ赤な朝焼けに照らされいまから動き出す街並みをイメージさせます。
…と言っても僕は海外に行ったことが無いので適当なこと言ってスミマセン。
使用シーンとしてはまぶたが重くて「あー今日も仕事でやなことありそうだなー、行きたくないよー」と思った朝に聞きたいですね。
2分ほどの音楽です。

【森の妖精が奏でる緑な朝】

forest

ハープと鉄琴のような楽器でヨーロピアンな音楽。
早朝の朝露で湿った森の中で優しく漏れる木漏れ日を彷彿とさせます。
あれ?僕こんなところで寝てたっけ?
使用シーンは休日の朝などリラックス感をメインにした朝に使いたい感じです。
インティに照らされて目が覚めたとき、この音楽が流れていたらスッと起きられそうです。

【かぐや姫が月に帰る日の綺麗な夜空】

inti_moon

笛と弦楽器が入ったオリエンタルな音楽。
起床時に聴くよりは就寝前に使いたいですね。
夜眠るまで少し時間があるときにインティのリラックスモードで照らされる天井をぼーっと眺めながら音量を小さくしてしっとりとしたいときに使いたいですね。
電球色の弱い照明をつけて枕元で読書するときなんかもいいかもしれません。
2分ほどの音楽です。

【青の洞窟の水面を見つめながら力みが抜けていく音楽】

inti_cave

水をイメージした音楽でいかにもリラクゼーション効果がありそうです。
ほとんど部屋に灯りが無い状態で、目を閉じてゆっくりと丁寧に深呼吸しながら聞きたいですね。 そんなことしていたら気がついたら眠っていそうです。
アロマなんか炊いたらα波出まくりで最高なんだろうなぁ。
我が家ではアロマスティックで代用したいところ。 うーん、ロマンチック。
4分ほどの音楽です。

 

アプリを使用し、スマホから流れるので今後アップデートされるかもしれません。
この4曲ってそれぞれ役割が異なり、すごくよく考えられた選曲だと思います。

また、この音楽以外にもスマホに入れてある自分の音楽が選べるのは嬉しいですね。
リラックスモードやアラーム音で好きな音楽が選べます。

スマートフォンとBluetooth接続

Bluetooth接続をするとインティの時間がスマホの時刻と同期されます。

スマホからライト色調設定

スマホアプリからライトを点灯させ、アプリ中央の太陽のイメージをスワイプするとライトの色調をコントロールすることができます。
右にスワイプすると暖色
左にスワイプすると昼白色

インティ本体でもライトの色調を変化させることができますが、プラスマイナスのタッチパネルで1段階ずつ変化させる必要があります。

 

インティアプリの更新は頻繁

iPhone アプリ版 光目覚まし時計 インティ
20150616 Ver.1.1
20150713 Ver.2.3 軽微なバグ修正
20150903 Ver.2.4 RelaxモードでIntiが消えてしまうことの修正
2015年09月27日 Ver.2.5 サンライズをオンにした時の、inti側の音を自動的にオフにする機能の追加。小さなバグの改善

Inti専用アプリはまだ公開されてから間もないですが、現時点では約2ヵ月に1回ほどの更新がありかなり頻繁な部類だと思います。

重要なのは設定や操作をアプリでも可能ということは、今後も流れる音楽や機能などアプリがより使いやすくアップデートされる可能性があります。

これらのアップデートでは使用者のレビューでも指摘されている不具合が修正されていることから、メーカーの真摯な姿勢が伺えます。
これは今後も使いやすくなることが想像できます。

目覚まし時計は毎朝ずっと使い続ける物なのでこれは素晴らしいです。
アップデートのたびに愛着が増すのではないでしょうか。

体内時計のリズムを呼び覚ます光目覚まし時計

intisquare_officialインティスクエア販売サイト

インティを使って起床!

写真は5時16分に起きたときの様子です。

inti_52この時間、部屋は真っ暗なのですがインティの強力な光で部屋がかなり明るくなります。

眠っている状態から、辺りの明るさに気づいてパッと目が覚めるという感じです。
いつもなら暗いのですが、起床時間には既に部屋全体が明るくなっているため「もう朝か、起きなくちゃ」と自然に思えるんですね。
何日か使うと僕の起床時刻5時直前のサンライズの途中で起きたりもして、ちゃんと光だけ起きていることを実感できました。
光で起きるというのは理屈では解っていましたが、実際に体験すると「こんなにも起きやすさが違うのか」と衝撃的でした。

いつもiPhoneのアラーム音と振動で起きていたのに比べると不快感がありませんでした。
中学校の学校行事でキャンプに行ったとき、テントの中で朝日の明るさですぐに起きられた感覚を思い出しました。

光目覚まし時計は二度寝に有効

さらにインティを使っていて感じたのは「まだ暗いから寝ていよう」と二度寝したり、起きられずにボーッとしている時間がありませんでした。
流れている音楽も穏やかですのでうるさいという気がしないので、寝ぼけてアラームを消してしまうということもありません。
二度寝は目が覚めてもベッドから抜け出せなくて、そうこうしているうちに眠くなっていまう…ということが一番の原因だと思います。
明るさのおかげで既に目が覚めていますし、目が覚めた状態が持続しますから「起き上がらなくちゃ」とすぐに次の行動に移れます。

エナジーライトとして使う

inti_34

休みの日、昼間に部屋の中でパソコンを操作していると食後の眠気とあいまってつい眠ってしまうことがしばしばあります。

我が家の部屋は照明が電球色ということもあり、昼間はそれほど明るくないのも大きな要因です。

だからといってたまに図書館にパソコンを打ちに行ったりしていましたが、身なりや荷物を整えて家を出るのは億劫ですし、移動の時間も勿体ないし、駐車場代金もかかるし、他の利用者さんのマナーでイラッとすることも多々あります。
なるべくなら家で仕事をしたいのですが、眠くなるのが悩みの種でした。

inti_41

こんなときにインティで光を浴びると案外簡単に目が覚め、スッキリとしてきます。
部屋の明るさは結構重要で、薄暗い部屋はリラックス効果があることから眠気を誘発していたのです。

また、曇りや雨の日で気分も優れないときも、インティを使うと明るい気持ちになれます。
ぼーっとしていた状態から作業に集中出来るのがいいなと思います。

インティがあると、パソコンを打ちながら傍らに置いて自分に光を当てたりと、エナジーライトとして「ながらインティ」をすることができます。
やる気や仕事の効率を考えると日中浴びる照明も大切ということをインティから教えてもらいました。

 

インティの使用感、使い勝手

良いところばかりとは言えません。
インティを使っていて気になった点を書いていきたいと思います。
…といっても、寝坊することに比べればデメリットはかなり小さいと思います。

タッチパネルは反応が遅く、位置が近い

タッチパネルはワンテンポ遅く反応します。
また、慣れていないとプラスを押しているつもりが、ボタンが近いため隣り合ったマイナスを押してしまうことがあります。

この点に関しては同封されている案内書にて光を浴びることを継続し習慣化するため敢えて慣れを必要とする操作感で作られているとあります。

タッチパネルの操作感に関して不満がある方は先にご紹介したインティ専用アプリをインストールするといいと思います。
ただ、現在のアプリの仕様ではアプリの音楽を消すのはスマホで消すことができますが、インティの点灯を消すのは本体をタッチしないといけません。

また、いわゆるガラケー(Google Playのアプリがインストールできない携帯電話)はアプリから操作ができないため、インティ本体のタッチパネルのみで操作することとなります。

操作のコツとしてはゆっくりとテンポに合わせてタッチパネルを押すこと。
タッチパネルなので強く押しても優しく押しても変わりませんので指先か指の腹の先端で押すことです。
(強く押すと、触れる面積が広がるため隣のボタンを押してしまう恐れがあります)

タッチパネルの反応が悪い時の対処法

タッチパネルの構造上、パネルには常に静電気が流れており指が触れたところを関知しています。
手が乾燥しているとタッチパネルが発する静電気を通電しないため、反応が悪いときは一度「ハァー」と指を息で湿らせてから操作をしてみてください。
これならば正常に反応するはずです。

タッチパネルが使いづらいという意見もありますが、最初は不便かもしれませんが使っていくうちにコツがつかめて慣れます。
インティの導入を検討している方はこの点をあらかじめ理解した上で購入することをおすすめします。

光が強い

inti_54

これはデメリットと言えるか微妙ですが…。
起床時に使うとその強力な光のせいで隣で眠っている彼女を起こしてしまうのです。
残念ながら僕と彼女は起きる時間が異なります。

僕は午前5時に起床し、眠るのも午後12時頃です。僕は3年ほど同じサイクルを続けていますが睡眠時間もこの時間がちょうど良いです。
彼女は午前8時頃に起床し、眠るのは午前1時頃です。昼ごろから仕事に行き夜遅くに帰る遅番のライフサイクルのため、早く起きては困るのです。
これは僕達が同じ時間に起きるのであれば問題のないことで、インティは本来の機能を果たしています。

午前のアラームが午後にもかかる

(2015/09/14時点)
このスクリーンショットは5時30分に設定し、17時30分にもアラームが起動している様子

inti_app_1700アラームを午前530分にかけました。
起床後にまた翌日にもかかるようにアラームを消したすぐ後に再度設定をしました。
すると午後5時30分に仕事場でインティの音楽が流れ始めました。
消すためにはインティのアプリを起動しなければならないので、すぐには消せず、あたふたしている間に今朝僕を起こしてくれた音楽が流れ続けちょっと焦りました。
そもそも、一度消したアラームを横着してそのまま翌日の分も設定し直すっていうのはよくないですね。
寝る前にその都度設定していればこの件は問題ありません。
このようなアプリに関する事柄は今後もアップデートで改善していく可能性は充分にあります。

そのほか、ライト点灯時に小さくモスキート音のような高い音が聞こえることがありましたが、すぐに消えたので取り立てて書くようなものではありません。

光目覚まし時計としてのインティの価格

インティの26,800円という価格がネックだと思う人もいるかもしれません。
決して安い金額ではありませんよね?
僕は「安くはないけど、高くはない」と思いました。
なぜでしょうか?
そこで、一度考えていただきたいのがいままでの遅刻で発生した損害です。

以下のページをご参照ください
あなたの寝坊はいくらの損害?寝坊による遅刻のコストを考える

体内時計のリズムを呼び覚ます光目覚まし時計

intisquare_officialインティスクエア販売サイト

まとめ:インティは生活を変える

インティを1ヵ月以上の長期使用で解ったことをまとめます。

インティがあると時間が有効に使える

インティを使った起床にも慣れ、試しにこの時期の暗い早朝にインティを使わずに起床したのですがなかなか起きられませんでしたね。
インティがあるとこの一度目が覚めても布団の中でグズグズしている時間が大幅に省略されることです。
僕は毎日遅くても5時30分には起きていますが、だいたい5時15分くらいで布団から抜け出します。
アラームは5時00分ちょうどにかけています。
これが意味していることは、インティが無いと5時15分くらいまでグズグズしてしまうことです。
1日たった15分と言っても意外と馬鹿にできない時間です。
単純に計算して15分が365日だと5475分。
布団でグズグズしている時間が1年で約91時間(約3日ほど)あるということです。
1年で3日も自由に使える時間が増えたら大きいですよね。
寝起きが悪く、毎朝忙しくて時間が足りないという人にはインティの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

太陽を手のひらに

inti_47

インティを1ヵ月以上の長期使用で解ったことは
日の出が季節や天候により大きく左右される
こと、
人間の起床に日の出はとても重要な要素であることの再確認です。

使用を開始したのは9月上旬。
夏が過ぎて少しずつ涼しくなってき始めた頃です。
日の出は夏ほど早くはありませんが、朝はまだ明るく、カーテンを開けて眠るとインティが無くても比較的起きやすかったのです。
そこから、だんだんと日の出が遅くなり、10月の中旬にもなると朝5時の北向きの寝室では日光の入らず真っ暗です。
雨の日なんかも真っ暗ですし、冬になれば6時を過ぎても暗いです。

インティを使い始めてく実感したのが人間はまぶたを閉じていても明るさをとても敏感に関知しているということです。
サンライズで少しずつ明るくなっているのも眠りながら変化を感じ取っていて、サンライズの途中で起きることもあります。
インティの光の最大時は目を閉じていても感じられるほど強力なものです。
音や振動ではなく太陽の光で起きるのは人間の本能で起きる起床方法ですから起きやすさが全然違います。

どんなに便利な世の中になっても天気と太陽を文明の力で動かすことができません。
だからこそ、手のひらに乗るほど小さな太陽を枕元に置けるってすごい。


もし、朝起きられなくて困っている人がいたら、インティを是非試していただきたいですね。

体内時計のリズムを呼び覚ます光目覚まし時計

intisquare_officialインティスクエア販売サイト

日々寝坊のせいで辛い思いをしている人が少しでも減ったら嬉しく思います。

down

コメントする




書いている人

すいみんまなぶ

すいみんまなぶ

眠りについて必ずお役に立てるよう更新しています。 語りだすとついつい長くなっちゃいます。