睡眠学

よく眠り、よく目覚め、よく生きる

クレイツ アフロートイオンカールアイロン J72012M ヘアアイロンの修理

time 2014/08/20

クレイツ アフロートイオンカールアイロン J72012M ヘアアイロンの修理

彼女のクレイツイオンというメーカーのヘアアイロンの接触が悪く、電源がつかない&途中で切れてしまうという症状があるというので素人修理しました。

「水の力」でくせ毛を変える。人生の質を上げるヘアケアQUEEN'S BATHROOM 「水の力」でくせ毛を変える。人生の質を上げるヘアケアQUEEN'S BATHROOM

sponsored link

最近、ヘアアイロンが動かなくなった

あまり馴染みのないメーカーですが、どうやら美容室や雑貨店などで販売されているようです。 

 

スペックは以下のとおり
【電源】AC100V
【消費電力】55~230W
【プレート温度】150~190℃
【本体重量】約305g(コード込)
【サイズ】H320×W55×D85mm
【コードの長さ】約2.0m
【加工仕上】プレート部:イオンセラミック加工

既に廃盤のモデルのようで、購入時は1万円ほどで購入したそうです。
現行機種で38mm径のカールアイロンはいくつかあります。
このモデルよりもスペックが良さそうなものが実勢価格4000円台〜5000円台で販売されているようです。
今回、修理方法を紹介していますが、修理のために工具を用意する必要がある人は買い換えた方が安上がりかもしれませんね。  

原因究明

様子を見てみます。とくに傷みも無く、まだ使えそうです。 普段からこのように収納されているようです。 CREATEIONJ72012Mrepair2 CREATEIONJ72012Mrepair3これだけだったらコードの傷みはそんなになさそうに見えますが、根本のループをフックにかけて保管していたとのこと。 この部分の様子を見てみると、写真の蛇腹状の部分を曲げたりすると電源がついたり消えたりします。 スーパーファミコンのACアダプターのつけねの接触が悪くなった感じといいましょうか。 スーファミなら接触がいいところでテープで固定して使ったりできますが、常に動かして使うものですのでそれもできません。 分解して中をのぞいてみます。 分解したのがこちら。 CREATEIONJ72012Mrepair4コードとスイッチ部分はくっついておらず、無理な力がかからないようにコードが回転できる仕組みになっています。 CREATEIONJ72012Mrepair4_2発熱する部分、スイッチ部分、コード部分の主に3つに分けられます。 構造がシンプルそうなので直してみようと思います。  

修理作業

原因の部分を切除してハンダでつなげる

CREATEIONJ72012Mrepair5原因の場所が解ったので、コード付け根の補強されている部分をまるごと切り落として短縮します。 使った道具は以下のとおりです。  

CREATEIONJ72012Mrepair6

ダイソーで販売されているはんだごてとハンダ。 はんだごては温度の上がりやすい40wのタイプがおすすめです。 税抜き300円〜500円程度で買えます。

CREATEIONJ72012Mrepair7

熱収縮チューブ 銅線の絶縁に使います。

CREATEIONJ72012Mrepair8

ヒートガン。熱くて風が弱いドライヤーのようなもの。熱収縮チューブを縮めるのに使います。ドライヤーやはんだごての熱で縮める方法もあり必ずしも必要ではありません。

ハンダづけして、熱収縮チューブで絶縁したところがこの様子。 CREATEIONJ72012Mrepair9

グルーガンで固定する

ハンダづけはあまり得意ではなく、これだけだと不安なので、くっつけた部分が外れないようにグルーガンで固定してしまいます。

CREATEIONJ72012Mrepair10

グルーガンとグルースティック。どちらも100円ショップで購入。熱で溶けて冷えると固まる接着剤。

グルーガンで固定した状態 CREATEIONJ72012Mrepair11

コードを本体に収納

他の部分に干渉しなさそうです。 CREATEIONJ72012Mrepair12

細かなところの修繕

コードの付け根部分の樹脂パーツは弾力により取り付けますが破損しているので接着剤で固定 CREATEIONJ72012Mrepair13

動作チェックして修理完了

ちょっと貧相になりましたが、うまくおさまりました。 CREATEIONJ72012Mrepair14 スイッチボタンや温度調節ボタンの動作、アイロンが加熱されているか確認できました。 CREATEIONJ72012Mrepair15これで修理は完了です。 所要時間は30分くらいでしょうか。あまり電気関係の工作が上手くないので仕上げもきれいではないですし、ちょっとてこずってしまいました。

まとめ:修理か買い換えか?

もう何年も使っている商品ということもあり、メーカーの保証が効きません。
メーカーの修理の通例として修理に必要な部品がある場合は修理を受け付けてもらえますが、分解を伴いますので費用は安くはないはずです。 高額な専門機器ならまだしも、安価で古い電化製品はメーカーも部品を残すとは考えにくいです。
現在はこのモデルよりも高温で細かく調整ができる(210℃までで10段階調整)イオンカールプロというモデルがあるようです。
この手の商品は男性の僕は使ったことがないので性能の差は分かりませんが、面倒な修理をしなくても使いやすくなるのなら買い換えもいいかもしれませんね。

追記:2015年9月5日 僕が修理をしてから1年が経過しますが現在も使っているようです。

「水の力」でくせ毛を変える。人生の質を上げるヘアケアQUEEN'S BATHROOM 「水の力」でくせ毛を変える。人生の質を上げるヘアケアQUEEN'S BATHROOM

sponsored link

down

コメントする




書いている人

すいみんまなぶ

すいみんまなぶ

眠りについて必ずお役に立てるよう更新しています。 語りだすとついつい長くなっちゃいます。